スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車通勤にドロップハンドルは必要か? SIRRUS改! 

  sirrus-kai.jpg
 SIRRUSをドロップハンドルにした結果をブログに書いたと思ってたんですがどうも書いてなかったようなので・・・今さらながらのエントリーです。

sirrus-handle-small.jpg SIRRUSのハンドル周りはこんな風になりました。

handle.jpg もとはハンドルバーエンドを付けてこんな感じだったんですけどね。これはこれでポジションを変えられてインパクトがあったんですが、ドロップハンドルはええ、そりゃもう・・・。

 改造自体は以前のエントリーにも書いたようにショップにお任せだったので、技術的なことはぜんぜん分かりませんので主にインプレッションになりますが・・・。

 今までで一番違いのあったのは ビンディング・ペダルだったんですけど、今回のドロップハンドル化はそれと同等かそれ以上の効果がありました。
 「効果がある」と言うのはあきらかに「使う筋肉が変わってくる」と言うことでした。

 ビンディング・ペダルの場合は、自転車を走らせるのに脚の裏側の筋肉も使うようになりました。いわゆる「引き足」というんでしょうか。
 はじめはシフトチェンジした時の靴のブレが抑えられればいいなあ、ぐらいの気持ちだったんですが、ビンディング・ペダルで走っていると徐々にモモの表裏、すね、ふくらはぎ、と色んな筋肉に負荷を分散出来ることが分かってきて大いに感動しました。

 そして今回のドロップハンドルです。
 いやぁー、いいですねドロップハンドル。SIRRUSが違う乗り物になったようです。

 ビンディング・ペダルまでは下半身で、下半身だけで自転車を漕いでいる感じでしたけどドロップハンドルにすることによって大げさに言えばSIRRUSが全身を使った全身駆動マシーンになったかのようです。

 脚の回転に合わせて腕も引きますし、背筋や腹筋も動員してペダルの回転をさらにリズミカルにテンポアップできます。
 例えば同じ負荷を2本の脚の筋肉だけにかけるのと、4本の手足や体幹部の筋肉群に分散させるのと比べたら1つづつの筋肉の負担は後者の方がはるかに軽いでしょう。

 そうだとすれば長距離ツーリングでの疲労の度合いが違うのはもちろん、通勤やダイエットでも無理なく全身の筋肉に刺激を与えられると言うことですからいいことづくめ!
 なんでもっと早くしなかったのかなぁとさえ思いますね。

 結論として、自転車通勤の距離が短くても、たとえ週末だけのポタリング用だとしても、ドロップハンドル大いに値打ちあり! ですよ、奥さん(笑)

<hama's Home Page 作者の戯言ブログ版> ちゃりんこ
自転車ふらふら日記 ボーナス!
芸術全般レビュー「ラドンと西海橋」 雑記 愛車「スペシャライズド シラス2007」
ゴイス日記 私の自転車(シラス)
ESCAPE R3 改造日記 ドロップ化のインプレッション

コメント


>自転車通勤にドロップハンドルは必要か? SIRRUS改! 

初めまして。
サーフィンしていたらたどり着きました。
実は私もつい数ヶ月前に6年前に買ったARAYAのフラットバーロードをドロップ化しました。

ドロップ化の一番の恩恵は、長距離乗っても手が疲れにくくなったのと、巡航速度のアップでしょうか?
琵琶湖1周したら、巡航速度が2kmアップしてました。因みに住まいは滋賀県です。

>自転車通勤にドロップハンドルは必要か? SIRRUS改! 

エディタ読者登録ありがとうございます。

そうですねぇ

通勤用と言っても片道30キロならドロップハンドルの方が良いでしょうね

ポジションが変えられますから

また

もとのハンドルは通行人に刺さってしまう可能性はないでしょうか?

20年ほど前、ブルホーンバーというのがはやって、一般公道で使用して、通行人にバーが刺さってしまい、通行人が死亡したという事故があったと思います。

これは

ブルホーンバーに限らず

ハンドル形状が前方に突き出す形のものであれば、同様の事故が起こってしまう可能性があると私は考えます。

ちなみに

私はグレートジャーニーをセカンドバイクにして、通勤に使っていますが、通勤距離が短いので、フラットバーにしておけばよかったと後悔しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/403-5f2e457c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。