スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自転車通勤で行こう」  疋田智著

自転車通勤で行こう自転車通勤で行こう
(1999/10)
疋田 智

商品詳細を見る

 チャリ通勤を思い立ってまずはじめにヒットしたのが疋田さんのサイト。その人の本。

 いいね。

 「車のエンスーの人はチャリにはまる要素がある」というくだりは充分共感できる^^。

目次

第1章 私が自転車通勤を始めたわけ(マンションの総会から始まった

妻の自転車を買いに行く ほか)

第2章 自転車のある風景(バタングランデ村の緑色自転車

自転車と機能美について ほか)

第3章 自転車をめぐる素敵な面々(桂社長の流儀

外交官が自転車に乗ると ほか)

第4章 自転車的な社会に…(クルマを手放すこ


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著


スポンサーサイト

「サドルの上で考えた」 疋田智著

サドルの上で考えた―自転車的なる精神の欠片サドルの上で考えた―自転車的なる精神の欠片
(2003/09)
疋田 智

商品詳細を見る

 あの自転車ツーキニスト疋田さんの本。面白いよー。もちろん買ったのではなく県立図書館からの借り物^^。

 図書館の蔵書を「自転車」で検索すると出るわ出るわ本・本・本。街中の人気とはあまり比例しないのね、蔵書の割合。

 さて本の中身は口上通り種々雑多。共通点は自転車に乗りながら考え付いたという一点のみ。いわく「ウンコで運は掴めるか?」「ダムを見に行く」「オカマを買い換えた」、、、。

 失礼ながら著者の思想が特別深いというわけでなく(ほんとに失礼)、自転車乗りの視点からの考察が従来どれほど少なかったかと知らされるのが、第4章「自転車的なる日常から一言申したい」第5章「自転車と社会は今後どうなっていくんだろう」あたりか。

 最後には編集者のことも書いてあり、息抜きにはピッタリの本。また再読したいと思わせる。


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「自転車散歩」 北畠昭著

自転車散歩―秘められた遊び心をはぐくむ自転車散歩―秘められた遊び心をはぐくむ
(1995/06)
北畠 昭

商品詳細を見る

 1995年の著作だからちょっとフルっぽい。でも基本は同じなのだ。サブタイトルがちょっと挑戦っぽいけど。

 でも「大規模自転車道」だの「サイクリングターミナル」だのはこの本で知ったのだ。

 輪行を「フィット・サイクル」て言ってる^^。まぁ一種の旅行記です。


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「三十代からの自転車旅行のすすめ」 鈴木茂夫著

三十代からの自転車旅行のすすめ三十代からの自転車旅行のすすめ
(1985/07)
鈴木 茂夫

商品詳細を見る

 1985年発行。俺まだ生まれてないよーー。

 ・・・うそうそ、すいません高校卒業してました;;

 まあそんなことはどうでも良くて、「道」をキーワードにした旅行記ですかね。やっぱ輪行ですね。

 「はやくクイックリレーズでタイヤはずせるようになりたーい」と思う今日この頃でした。


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「自転車主義革命」 渡辺千賀恵監修

自転車主義革命―自転車を活かす新しいライフスタイル (望星ライブラリー)自転車主義革命―自転車を活かす新しいライフスタイル (望星ライブラリー)
(2001/11)
渡辺 千賀恵

商品詳細を見る

 「キノピオ」「ケルビム」等興味をそそられる記事多し。種々の考察が交錯してる^^。

 「ふらっかーず・九里パパモデル」の冒険家の九里さんの記事もあったし。なんと同い年なのね!?

 (株)リードの「りんりんネット」もあった。こいつにコマシなMTBでも収納して貸し出せば疋田さんが日頃おっしゃってる「レンタサイクルは駄目だ」持論も良い意味でひっくり返るのでは? と思いました。

 そうそう監修者、大学教授で男性です。名前見て女の人かと思った。


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。