スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラス・ドロップハンドル化計画その2

  sirrus_olive

SIRRUS A1 ドロップハンドル化
Specialized Sirrus A1 "Cyclo Cross"の記録
ドロップハンドル化3
2007年振り返り 自転車にハマッタ経緯

 僕がいま通勤用に使っているスペシャライズドの「SIRRU」はヤフオクでゲットしたんですが、クロスバイクと呼ばれるカテゴリーで、「使い勝手が良い」と言う評価(例えば講談社MouRaの記事)がある一方で、「使い込むと中途半端である」と言う評価(自転車の小部屋etc...)もついて回るじつに悩ましいバイクなのです。

 そしてそのSIRRUSをドロップハンドル化しようとすると更に賛否両論^^; ブレーキワイヤーの引きしろの問題ハンドルクランプ径の問題、コストパフォーマンス等々。
 更に僕的には自分で出来るテクがないわけで、それを引き受けてくれるショップと出会えるかどうかと言う問題も。

 SIRRUS購入直後に見ていたここ(→改造日記9)やここ(→改造日記13)では「試みとしては面白いけれど色物」的評価に感じてしばらく可能性からは外してました。
 それに色々なサイトをみて感じたのは「コストパフォーマンスもさることながら労力とその効果が見合わないんじゃないか」「むしろ素直にロードバイク買い直しなよ」と言うメッセージでした。

 でもでもここで、前述の自転車工房ふぃっとのオーナーさん曰く
「自転車と言う趣味を楽しむためのお手伝いをさせてもらってる店だから、手間は惜しまない。」
「SIRRUSのドロップハンドル化を無駄な回り道ととるか、得がたい経験ととるかは、コストも含めて人それぞれでしょ」
「レースを想定してないんだったら新製品を追わず、コストもかけず、楽しむ方法はいくらでもある」
等々、話し込めば話し込むほど楽しい経験が出来そうだったので思い切って世間の風潮と逆にハンドルを切ろうと思いました(笑)

 さぁ見積もり結果が楽しみです。
 クロモリを購入する予算の半分ぐらいまでならリーズナブルだと個人的には思ってますが・・・。

最近の人気記事

クロモリならSurlyのクロスチェック
『ロードバイクセッティングバイブル』 エンゾ早川著
『ロードバイクに乗るときに読む本』 エンゾ早川著
これもクロモリ、BASSO Viper(バッソ バイパー)
自転車通勤にもSPDペダルか?

スポンサーサイト

骨まで愛そう、シラス・ドロップハンドル化計画!

sirrus_kabe
 こないだ富士山を一周して機材の差を痛感した茶太郎ですが(無理やり機材に責任転嫁しているという話もありますが・・・)、いよいよクロモリ入手計画を実行しようかとおもったところ、ひょんなところから
シラスをドロップハンドル化するんだったら請け負いますよ」
と言ってくれるお店(自転車工房ふぃっと)があったので見積もりをいただくことにしました。

 それまでは
「クロモリだからクロスチェックか、バッソ・バイパーか、最近はGIOSビアンキにまでクロモリモデルがあるのか・・・」
と思案したり
allez_pro 「あ! シラスと同じスペシャライズドのALLEZ PROが特価じゃないか!」
とお店まで見に行ったりしたんですが、色んなことがひっかかってたので
シラスのままで振動吸収性はタイヤとチューブに受け持たせて、ハンドルをドロップにして乗り続けましょう」
という提案は頭の中がすっきりしました。

 さてどうなりますか、こうご期待。


最近の人気記事

クロモリならSurlyのクロスチェック
『ロードバイクセッティングバイブル』 エンゾ早川著
『ロードバイクに乗るときに読む本』 エンゾ早川著
これもクロモリ、BASSO Viper(バッソ バイパー)
自転車通勤にもSPDペダルか?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。