スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三十代からの自転車旅行のすすめ」 鈴木茂夫著

三十代からの自転車旅行のすすめ三十代からの自転車旅行のすすめ
(1985/07)
鈴木 茂夫

商品詳細を見る

 1985年発行。俺まだ生まれてないよーー。

 ・・・うそうそ、すいません高校卒業してました;;

 まあそんなことはどうでも良くて、「道」をキーワードにした旅行記ですかね。やっぱ輪行ですね。

 「はやくクイックリレーズでタイヤはずせるようになりたーい」と思う今日この頃でした。


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

スポンサーサイト

「自転車主義革命」 渡辺千賀恵監修

自転車主義革命―自転車を活かす新しいライフスタイル (望星ライブラリー)自転車主義革命―自転車を活かす新しいライフスタイル (望星ライブラリー)
(2001/11)
渡辺 千賀恵

商品詳細を見る

 「キノピオ」「ケルビム」等興味をそそられる記事多し。種々の考察が交錯してる^^。

 「ふらっかーず・九里パパモデル」の冒険家の九里さんの記事もあったし。なんと同い年なのね!?

 (株)リードの「りんりんネット」もあった。こいつにコマシなMTBでも収納して貸し出せば疋田さんが日頃おっしゃってる「レンタサイクルは駄目だ」持論も良い意味でひっくり返るのでは? と思いました。

 そうそう監修者、大学教授で男性です。名前見て女の人かと思った。


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「素晴らしき自転車の旅」白鳥 和也著

「シマノ-世界を制した自転車パーツ- 」 山口和幸著

「フィットネスミシュラン」  エンゾ早川著

フィットネスミシュラン―茅ヶ崎的カラダ変身プロジェクトフィットネスミシュラン―茅ヶ崎的カラダ変身プロジェクト
(2005/09)
エンゾ早川

商品詳細を見る

副題「茅ヶ崎的カラダ変身プロジェクト 」

 チャリンコの本を色々読んで、LSD(長くゆっくり走るトレーニング)がいいことや、水分補給の大切さは結構インプットしてましたが、この本は結構「目からウロコ」系w

 「オリーヴオイルは脂肪じゃないよ潤滑油だよ」というイタリアの自転車レーサーの話やストレッチやりすぎると体に悪いとか(正確には関節に悪いネ)、 水中歩行のリハビリは危険がいっぱいだとか・・・

 この本参考にして今度はかっこいい心拍計が欲しくなりましたねww

出版社からのコメント


なるほど~…でも、ホントかな~? カラダを動かしてみたくなる本…長い書名ですが、こんなメッセージが込められています!

フィットネスミシュラン=カラダの気持ちいい動かし方を、ご案内~!


1章  fat city


明日から太っているのがもうイヤになっちゃう話……

小林さんの無茶な挑戦とエステの体重増減それに宇宙飛行士顔面パンパンのカラクリ…

お腹だけは、最後まで痩せないように仕組まれている!

2章  slowgoing

スロー&ロングのトレーニングで

無駄な筋肉のないスマートなカラダをつくれ!

血糖値とストレスは有酸素運動でクリアになる

3章  check

朝からいきなりトレーニングして体脂肪を燃やすには……

カラダはパイプが命でデブにはオリーヴオイルである

脂肪を食べれば、痩せられる?

精神的ドーピングをやらないと俺たちモたないよ

4章  strech

ウォーム・アップとクール・ダウンはそれぞれ最低15分

5章  warning

日本人の脚はもはや回復不能な危機状態にある!

ウォーキングでダイエットするなら心拍数の管理をするのがベスト

水中歩行のリハビリは危険がいっぱい

6章 世界基準の短足カテゴリーとマニアな筋肉

7章  water

ウォーター・ローディングと水の正しい飲み方の絶大なる効果  おいしい水とジロ・ディ・箱根物語

8章  trigger

プールだけでは絶対痩せないスポーツクラブ活用法

健康フィードバック法

やるのは1つか2つでいいんだよ、おもいッきりテレビ活用法

9章  article

夢精オトコのトレーニングはハードである

イタリアおやじの気分でやるならシャツをズボンの中に入れなさい!!

カラダに悪いとわかっているからやめたくないのがエスプレッソ


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著



「疋田智の自転車生活スターティングBOOK」 疋田智著

疋田智の自転車生活スターティングBOOK (自転車生活ブックス04)疋田智の自転車生活スターティングBOOK (自転車生活ブックス04)
(2006/01/27)
疋田 智自転車生活ブックス編集部

商品詳細を見る


 この本を読んで、氏が小径車に乗り換えられたことをはじめて知った。

 みんな自転車に乗って寒さを吹き飛ばそうよ!w

目次

巻頭特集…スポーツ自転車って凄いゾ!

第一章…さあ、自転車に乗ろう!

第二章…スポーツ自転車を手に入れよう

第三章…自転車生活ってタイヘン!?

第四章…とことん自転車にこだわってみたゾ

第五章…自転車で遊ぼう!

疋田智の自転車生活ヒストリー

「とりあえずワタシはこうして走り始めた」


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「体脂肪を燃やすカラダになる! 新・実践 マフェトン理論」  中塚 祐文著

体脂肪を燃やすカラダになる! 新・実践 マフェトン理論 (別冊宝島)体脂肪を燃やすカラダになる! 新・実践 マフェトン理論 (別冊宝島)
(2005/09/27)
中塚 祐文

商品詳細を見る


 有酸素運動で体脂肪を燃やすというマフェトン理論の本です。

 「競技選手ですらスポーツで体を壊す人がいるのはなぜ?」とのマフェトン博士の疑問から生まれた理論で、心拍数や食事まで関係してくる、実践するには大変な理論です^^;

 ようは運動時に炭水化物でなく脂肪をより燃やせ、ってことね?!

 健康診断で「中性脂肪が多い」と指摘されてからこのての情報に敏感です^^;  ファイト>オレ


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「こぐこぐ自転車」 伊藤礼著

こぐこぐ自転車こぐこぐ自転車
(2005/12/14)
伊藤 礼

商品詳細を見る


 ん~、70歳越えて自転車に目覚めたり、仲間を集めたり、内容は賛同できるし北海道自転車旅行などうらやましかったりする面もあるのだけど、この文体はどうも引っかかりが多くて読みにくかったです;;

 正反対の感想もお持ちの方ももちろん多くて多分そちらがマジョリティーなんでしょうけど^^;

目次


自転車に関するさまざまな見解

都内走行の巻

房州サイクリングに出かけて雨で挫折したこと

碓氷峠攻略をめざした長い一日の話

自転車が順繰りに増えて六台になった話

北海道自転車旅行の巻


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著




「自転車旅行にでかける本」一條 裕子著

自転車旅行にでかける本自転車旅行にでかける本
(2001/07)
一條 裕子

商品詳細を見る


 県立図書館で、確か著者の名前に見覚えがあったので借りてきたんだが思い違いだった。

 女性レーサーかと思ってたら漫画家だって。

 パンク修理すらできなかった著者がサイクリング車を買って2週間後に東京から下関をめざして走りだし、以来すっかり自転車旅行のとりこになった体験記である。

 そうそう、ご夫婦で自転車旅行を楽しんでる方もたくさんいらっしゃるが著者は基本的に一人旅がお好きなようで、夫君との自転車旅行も結構ドタバタがあった様子^^;

目次

行き先はペダルまかせ(東京~下関~大阪―1982.3.2‐4.13

バンフ・ジャスパー国立公園~アンカレッジ―1985.7.3‐9.5

グレイシャー国立公園~ジャクソン―1990.8.7‐8.22

ジャクソン~ロッキーマウンテン国立公園―1993.6.29‐8.2 ほか)

さて何を用意しましょうか(各部の名称と基本工具

自転車を選ぶ

乗りやすく手直しする

パンク修理 ほか)


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著




「自転車旅行をはじめよう」のぐちやすお著

自転車旅行をはじめよう―みんなで楽しむ新しいサイクリングのすすめ自転車旅行をはじめよう―みんなで楽しむ新しいサイクリングのすすめ
(1997/06)
のぐち やすお

商品詳細を見る


 「新・自転車野郎養成講座」などで結構ハードなチャリ旅行を敢行し・広められてるのぐちやすお氏の、この本は「日帰り」をターゲットにした実践しやすい内容の本。



 いまだ日帰りしかしたことのない僕にはぴったりの本だろうと思いきや人間なんて勝手なもので、自分の知ってることが本の内容の半分ぐらいになってくるとまるで自分のほうが物知りにでもなったかのように勘違いしてくるから面白い^^;

内容(「MARC」データベースより)


誰でも気軽に乗れる自転車で「日帰り旅行」へでかけよう。自転車で世界周遊の経験をもつ著者が、自分なりの楽しい旅をするためのノウハウを解説。心得から実戦テクニックまで具体的にアドバイス。


目次


第1章 自転車旅行のすすめ
第2章 自転車旅行・出発の心得
第3章 自転車旅行・実戦テクニック
第4章 遠くまで行ってみよう
第5章 プランを立てる
第6章 みんなで自転車を楽しもう




自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著


「自転車散歩の達人」山川健一著

自転車散歩の達人 (黄金の濡れ落葉講座)自転車散歩の達人 (黄金の濡れ落葉講座)
(1999/09)
山川 健一

商品詳細を見る


 疋田さん著作の同名の本があったのかな?

 勘違いして借りたかも。

 内容はこちらのブログに詳しいですが僕は「ママチャリで長距離はちょっと・・・」派なのでw




第1章 ふわふわと空を飛ぶための自転車

第2章 考えるための乗り物

第3章 自転車とPowerBook

第4章 海を感じながら走る

第5章 チープ・シック

第6章 鎌倉日帰りがスケッチか

第7章 へんてこりんだった百年の歴史

第8章 ママチャリにいきつくカタログ

第9章 アメリカの自転車、スぺシャライズド

第10章 アレックス・モールトン物語

第11章 ライク・ア・ローリング・ストーン


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「おじさん自転車革命」 長尾 藤三 (著)

おじさん自転車革命おじさん自転車革命
(2001/08)
長尾 藤三

商品詳細を見る

轍 ~自転車的なる日記~のおじさん自転車講座&自転車革命にトラックバックしています
クロスバイクでいこう!(Blog版)のおじさん自転車革命にトラックバックしています
amamuの日記の自転車に乗ろうにトラックバックしています
2輪、ノイズ、SKの『おじさん自転車革命』読了にトラックバックしています
『日刊 メタスタシス』の自転車本2にトラックバックしています/p>


 (ブログ移転に伴い、以前書いた記事を加筆転載しています)
 この本はけして中年だけのハウ・ツー本じゃありません。確かに著者は自転車好きな方ですが・・・。

 「文明は自転車ぐらいがちょうどいい。」といい、英国はわざと「英国病」にかかった節があるなど面白い考察がありますよ。

 ハウ・ツー本と言うより文明論ですねえ^^

 英国は世界で最初に「産業革命」を経験しかつては「日の沈まない国」と言われました。しかし行き過ぎた便利さは人間を不幸にし、不便こそが本当は楽しいのだと言う「やせ我慢の美学」に到達する、と。

 その他世の規格からはずれる事の心地よさなど、大衆論・ライフスタイル論なんかも展開されていて「これこれ、この感じ」なこと満載ですww

 自転車の選び方やメンテナンス等は今現在自転車に触れてない人には縁遠い内容でしょうが、男性は自転車→バイク→自動車と興味をステップアップさせて来たでしょうがもう一回自転車に戻って見るとかえって新しい発見がある、と言うくだりには納得させられるものがあります。

 さあ、チャリンコに乗ろうよチャリンコ!w


内容(「BOOK」データベースより)

クルマとコンピューターですっかり狂ってしまった人類を救え!カラダは引き締まり、ココロは解放される今こそ“自転車革命”の時!鳴呼、堂々の「おじさん自転車講座」第2講!便利は怪しい。不便は楽しい。便利さは、自転車ぐらいがちょうどいい。


目次

プロローグ 便利地獄・不便極楽

第1章 自転車は人間を素敵にする

第2章 自転車は人間の味方だ

第3章 自転車いじりは面白い

第4章 上等の自転車が欲しい

第5章 自転車は未来を開く

エピローグ 進歩に遅れていくという快感


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「ゼロからのスポーツ自転車」 快適自転車研究会編

ゼロからのスポーツ自転車 発見!快適の手ごたえ (GAKKEN SPORTS BOOKS)ゼロからのスポーツ自転車 発見!快適の手ごたえ (GAKKEN SPORTS BOOKS)
(2003/03)
快適自転車研究会

商品詳細を見る

 いいですよ~、この本。ぼくの乗り始めた頃の疑問解消マニュアルでした。

 ママチャリで十分?充分! と言うところから書き起こして、でももっと快適なタイプの自転車もあるんですよ、と。

 クロスバイク(僕のSIRRUSはこれ^^)に焦点を当てて魅力を多方面から展開したり、より軽く、早く走るために「ロードレーサー」と言われる専門車をお勧めして見たり。

 でも細かいところ(選び方、セッティング、ポジションのこと等)にも気を配って丁寧に解説してあるので、ほんと僕も心強くなりました。

 自転車乗り始めの方に一押しの本です。

第1章 からだに合った自転車が分かった

第2章 続けられるのは、からだに無理がかからないだけじゃなかった

第3章 快適で安全に乗るコツがあった

第4章 「ちょっと遠出」―自分の元気がたのもしかったONE DAY RIDE

第5章 心拍数で、もっと元気になるやり方が分かった/p>




自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

「サイクリング・ブルース」 忌野清志郎著

サイクリング・ブルースサイクリング・ブルース
(2006/06)
忌野 清志郎

商品詳細を見る

♪エコロジーやダイエットや言うてぇ

会社まで自転車で行くのんか

車や電車で行くのんかは

自由だぁ~~!!

 あ、失礼、これは犬井ひろしの自由のブルースでした(古!)


 今日のはブルースはブルースでもロックンローラー(故)忌野清志郎さんのサイクリングブルースであります。

 同名の曲もありますがこれは新著です。

 清志郎さんと自転車との出会い。

 それは年配の父親が雪崩の中から息子さんを探し出したという新聞記事に触発されて

「果たして今の自分にそこまでの体力はあるのだろうか?!」

との問い掛けから始まったとか。


 その後のサイクリング、3台のチャリ、かつてのコース紹介、沖縄での3回の事故紹介(^_^;)とリベンジ・ツアー^^ 等々。

自転車はブルースだ。底抜けに明るく目的地まで運んでくれるぜ。歌手・忌野清志郎が、自らの自転車生活を大公開。自転車旅行のルートや、グッズ選びなどの実用情報も満載。旅に出たくなる「自転車愛入門書」。


 まさにこの通りです! レッツ・リーディングww


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

ロードバイクライフ vol.2―大人のためのRoad Bike Follow up Magazine

ロードバイクライフ―大人のためのRoad Bike Follow up Magazine (vol.2) (エイムック (1226))ロードバイクライフ―大人のためのRoad Bike Follow up Magazine (vol.2) (エイムック (1226))
(2006/06)
不明

商品詳細を見る

 Vol.1も出てますが今日読んだのは2の方。

エンゾ早川氏登場。またまた「和食悪説」を展開されてます^^ いわく、炭水化物多すぎ、脂肪分粗悪過ぎ、塩分多すぎ・・・。

 パスタはたんぱく質を40%程度も含んでいる上に良質の脂肪分であるオリーブオイルとセットになってることも多くて「グッド」であると。

 あと「ハートレートモニター」の必要性も訴えておられますね。「ヘルメットの次に揃えるべき物だ」と^^

 初心者の方の「ロードバイク初挑戦」みたいなコーナーにもエンゾ早川氏参加されてます。

 あとは各自転車メーカーの紹介がしてあって、時代はグランフォンドに向かっているとあって「カーボン」や「クロモリ」なんかの衝撃吸収性のいい(疲れにくい)バイクに目がいきますね。

 最後に印象的だったのは上のコーナーの「ロードバイクはきついスポーツなんです。」という紹介にも関連するんですが、自転車競技が普及しているイタリアでは「自転車競技は超ハード」というのは社会一般の認識になっているそうで、一番体力のあるものが自転車競技に行き、「自転車競技に行く体力のない者がサッカーにいく」と言うくだり。

 まじ?!


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。