スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバサン論―オバの復権をめざして 大塚ひかり著



オバサン論―オバの復権をめざして オバサン論―オバの復権をめざして
大塚 ひかり (2006/03)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

 オバサンを理解するためのブックガイド がこれまた古典だらけ(*^_^*)
「いつから私は対象外の女」からはまった大塚ひかりさんの話題作。

 ひかりさんいわく「オバサンにきれいな人が少ないのは第二の思春期で、いろいろなバランスが崩れる時期だから」とか。


 現実は、不平等で差別に満ちていて、人の感情などは、放っておくと美を含めた生来の能力に惹かれ、そうでない者を指弾する、というミもフタもないものだ。


 こういう記述を読むとアーリア人の優性思想もここからかな?と思ったりします。
 一方、「月光の東」のよねかのように宮本輝の女性は老いないな・・・なんて想像を飛ばしてみたり。


一貫して物語作者はこの老女を゛女゛と呼んでいる。そして、男を欲しがる彼女の欲望を嗤うことなく、深い同情と共感を寄せている。
好きな人ともそうでない人ともまんべんなくまぐはふ。それは、大勢の妃をもつ古代の帝王学であって、…


 これは源氏物語からの引用だったかな?


 平安中期から、年配女性への蔑視が始まるがそれは社会構造の変革とリンクしている。


 なるほどね。以前読んだ「源氏の男はみんなサイテー」に記述のあった母系社会ら父系社会への変遷のあたりを言ってるのね。


emiさんの平安貴族の生き方を語り固定観念を変える大塚ひかりさんにトラックバックしています
rick-rackさんのモテのお手本は猫村さん?にトラックバックしています
雀のお宿さんのオバサン論にトラックバックしています

コメント


こんにちは。
トラックバック&コメントありがとうございました ^^

>オバサンにきれいな人が少ないのは第二の思春期で・・・

「第二の思春期」という言い方、いいですね。
一般的には「更年期」とかいわれて片付けられちゃいますもんね・・・ ^^;
オバサン予備軍として勇気が(?)湧いてくるような気がします!

rick-rackさんようこそ!

 rick-rackさんようこそおいで下さいました! 嬉しいです。

>「第二の思春期」
いいでしょ^^  「人生 20年。人は4つの人生を生きる」という捉え方もあるそうです。

 こっちのブログに書いときました^^;
http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/chatarow/eid/235953

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/11-d6dea7f9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。