スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちの整理の上手い人 下手な人 斎藤茂太著

気持ちの整理の上手い人・下手な人 気持ちの整理の上手い人・下手な人
斎藤 茂太 (1995/12)
新講社

この商品の詳細を見る

 精神科医斎藤一族の著書。見開き2ページで一話になっていて97話収められている。どれかは心に残るかも。僕のは下の通り。
 

 悩みにおちいったとき、自分が変化するのがどんなに難しいことか、私は知っている。知っているから、あなたにそれを急がせたりするのはやめておこうと思う。じっくりと悩んで、ゆっくり変わればよい。
 ただ、あなたにも、他人が変化するのを期待したり、それを強要するのはやめてほしい。あなたの隣にいる人も、あなたと同じ人間だ。彼には彼のペースがある。彼は彼でゆっくり悩まなければ変われない。彼女は彼女でいきづまらなければ変われない。

「まさか、こんないい結果になるなんて、ありえない」
 と思うくらいのことを、えんえんと想像するのだ。本当は、悪い想像のほうだって、他人から見たら相当ばかばかしいものである。いい想像のほうだって、ばかばかしいくらい盛大にやってしまえばよいではないか。要はトレーニングである。ハッピーエンドのシナリオをつくるシナリオライターになればいいのである。

あなたなりの迷い方、あなたなりのバカさかげんを発揮して、おおいにジタバタするのもいいだろう。あなたが、どんなふうにジタバタしたか、どんなふうにジタバタしなかったか。不調から回復したとき、それが全て、あなたの大切なストーリーになるだろう。


内容(「MARC」データベースより)
うまくいかないことがあるのなら、それは自分自身を知るチャンス。スランプに落ち込んだときは、ジタバタしてもだいじょうぶ。心のクヨクヨがサーッと晴れる、人生の処方箋。〈ソフトカバー〉

目次
自分が育つ環境は、自分で整える
北国の芝生は青々として美しい
強くなる秘訣は、たんさん負けること
気分を開放するからこそ集中力が出る
マイナス時間をプラス時間に転換する
人生は、オセロゲームのように
自信をなくしたときには、得意なところへ戻れ
自分を笑い飛ばせば、心に余裕が生まれる
あなたは、「サーカスの象」になっていないか
小さな目標が、遠くまで歩を進める〔ほか〕



3月の喰う読む走るIT話

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/169-4b55f734

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。