スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネズミ講と前年比

 企業は良く「対前年比」と言うけれど、市場も人口も限られた中で経営している限りゼロサムゲームなわけで、その中で「対前年比」を追及することはマクロ的にみれば有限なのでは? もしくは独善的?

 スケールの大小はあるけれど有限性を無限に見せかけてあおると言う意味ではねずみ講と大差ないんじゃないの?

 日本経済がもはや右肩上がりではなくなったためにその傾向は見やすくなったでしょ? 老舗と呼ばれる伝統ブランドを中心にシェアを追求しない経営も堅実に立派に足跡を残しているし。

 もう少し関連本を読んでまた考察しよう。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/181-26487305

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。