スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの話題 ブログ引越しの話題(極私的通信2)

 

FC2BLOG




 実は・・・ブログ・・・結構引越ししてます(笑) ですから「ブログどこがいい?」と言う話題には敏感だったりします。

 僕の引越しの軌跡は
Echo!(ゆびとまの方にはいっていて2年ほどメインでした)
楽天 (訪問者が多く初めはワクワクします。慣れてくると制約多い)
シーサー・ブログ (記事書くたびの再構築作業が面倒)
livedoorブログ (当時テンプレートがすくなかったのと、やはりイメージが・・・)
はてなダイアリー (ギークな人が多い。使いこなすのは難しいです)
と来て今は

FC2BLOG




 まあ選択基準は色々で
・携帯から見たり投稿したい
・テンプレートがかわいいやつがいい
・アフィリエイトメイン!
・アダルトブログを作るぜ
・わが社の社長ブログ
なんて考えると
・モブログが可能か?
・テンプレート数は多いか?
・アフィリエイト可能?
・アダルト可能?
・商用利用可能?

とかが基準になってきますね。

 次は使ってくると写真ブログパーツを入れたくなってくるんですが、その保存しておける容量とか使えるタグとかもなるべく制限のない方が後々使いやすいです。この「後々」というのは選ぶ時にはなかなか分かりにくいですから、すでにブログを始めてる人に聞くといいんじゃないでしょうか。(僕もそのためにブログ引越しましたから)

 ここfc2の保存容量は1GBですのでほぼ困らないと思いますし、タグやブログパーツの制限もほとんどありません。

 後は交流しやすい読者層でしょうか。最終的には検索エンジンから検索してくる人が増えるんですが、しばらくは同じブログ・プロバイダーの人からの訪問が多いです。その時にもらえるコメントに波長が合わなければ「あぁ、ブログってつまんね~」て事に・・・。
 
 そう言う意味ではざっくり分けると(ざっくりですよ、あくまで)
・プロバイダー系は年齢層若い
・楽天は主婦が多い
・はてなは詳しい人が多い
となると思います。良くも悪くも、なので自分がコメントもらいたい層に一番近い所から始めるのがいいんじゃないでしょうか。 エ!? この中にない? ならこれ以外がフィットするんですよ、キットw 

 ま、そう言うわけで僕はfc2にしたんですが、選択基準はひとそれぞれです。それにブログを引越しする時はいままでの記事が引っ越し先に持っていけるのかどうかも気になります。

 全部は書ききれませんので、僕がブログ選ぶ時に参考にしたサイトは下記の通りですので目を通していただければどうでしょうか?

無料Blog(無料ブログ)比較
人気無料ブログ比較・評価 おすすめ編
無料ブログ(blog)比較情報
【無料ブログ比較なら】まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。
おすすめ無料ブログ比較


 

FC2BLOG





今月の喰う 読む 走る IT話

恥ずかしながらランキングに参加しています。ポチっと押していただくと励みになります^^;
ブログランキング・にほんブログ村へ & banner

コメント


>ブログの話題 ブログ引越しの話題(極私的通信2)

茶太郎さん、大変ご無沙汰しております。
「air flow」のskanegonこと、かねごんです。
こちらにいらっしゃったのですね。
前のブログの昨年8.21「秋の気配」をちゃんと読んでいたら、継続してブログを拝見させていただけていたのに・・・(泣
でも、今年の3.24の記事を書いてくださったことで、またこちらに来させていただくことができました。なんとも嬉しいです。また今後ともよろしくお願い致します。
ところで、ブログ遍歴すごいですね(笑

>ブログの話題 ブログ引越しの話題(極私的通信2)

かねごんさん

 わざわざありがとうございます。早速リンクにも入れさせていただきました。

 「秋の気配」はね、何回も書き直してるので初めの頃は移転先書いてなかったり携帯のHP先だったりしてたんです^^;

 ブログの変遷の方はほぼ同時並行でした。使い勝手を試してたもので。最後まで「はてな」にも執着あったんですが僕の能力を超えてるところがあって・・・。

 またこちらでもよろしくお願いします。

見ないと後悔しちゃうよ!!


麻美ゆまちゃんの

裏映像がいまだけ公開中♪

http://mooo.jp/asami_yuma

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/221-8464015c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。