スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反・校長先生とクジラ

 グリンピースが反捕鯨のキャンペーンを張っている。でも統計によれば鯨の数は増えているのだ。
 かつて漫画「美味しんぼ」が取り上げていた問題だが内政干渉・文化破壊に類すると思う。

 何を食料とするかはその国の文化ではないのか。羊を食そうが犬を食そうが猿を食そうが蜂を食そうが、そういう文化のないものが「野蛮」「不必要」呼ばわりする事は他者への偏狭ではないのか?

 食文化によって生態系を狂わしているのは1人日本の捕鯨のみではない。植物系でさえかつての香辛料しかりコーヒーしかり、近年のパンナコッタしかり・・・。

 日本の政治家に食糧戦略のビジョンがないための結果だと思うが。食料自給率、農作物の輸入化の問題、etc...

 『校長先生とクジラ』と言うのはブログライター系の記事なのだ。今回は組みできないの反対意見を表明しておこう。


今日もありがとうございます。ポチ、ポチっと押していただくと励みになります^^;
にほんブログ村 自転車ブログへ & banner & fc2ranking.gif

コメント


>反・校長先生とクジラ

捕鯨というと 叔父さんが去年、調査捕鯨用の銛の制作依頼があったと言ってました。こういう会社はグリーンピースの標的にされたりしないんでしょうかね・・・

鯨の肉は 小学一年の給食に出て以来 食べてないな(多分)
港にゆけば 普通にあるけど

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/291-fe60d9df

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。