スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サドルの上で考えた」 疋田智著

サドルの上で考えた―自転車的なる精神の欠片サドルの上で考えた―自転車的なる精神の欠片
(2003/09)
疋田 智

商品詳細を見る

 あの自転車ツーキニスト疋田さんの本。面白いよー。もちろん買ったのではなく県立図書館からの借り物^^。

 図書館の蔵書を「自転車」で検索すると出るわ出るわ本・本・本。街中の人気とはあまり比例しないのね、蔵書の割合。

 さて本の中身は口上通り種々雑多。共通点は自転車に乗りながら考え付いたという一点のみ。いわく「ウンコで運は掴めるか?」「ダムを見に行く」「オカマを買い換えた」、、、。

 失礼ながら著者の思想が特別深いというわけでなく(ほんとに失礼)、自転車乗りの視点からの考察が従来どれほど少なかったかと知らされるのが、第4章「自転車的なる日常から一言申したい」第5章「自転車と社会は今後どうなっていくんだろう」あたりか。

 最後には編集者のことも書いてあり、息抜きにはピッタリの本。また再読したいと思わせる。


自転車本の人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥 志穂著
『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 今中大介著
『青葉台駅チャリンコ2分』 鈴木 カオリ著

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/431-83ffde20

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。