スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『続・日本史の旅は自転車に限る』 疋田智著

 
天下を獲り損ねた男たち―続・日本史の旅は、自転車に限る! 天下を獲り損ねた男たち―続・日本史の旅は、自転車に限る!
疋田 智 (2005/11)
〓@53B2@出版社
この商品の詳細を見る

出版社 / 著者からの内容紹介
 大好評「日本史の旅は自転車に限る」第2弾! またまた自転車で巡った16地点。北海道から沖縄までの日本史の舞台は雄弁に歴史の真相を語りかけてきた。なぜ茨城県に称徳女帝の「神社」があるのか? 光秀が本能寺を目指したのはなぜか? 日光以外にある東照宮の意味とは? 自転車ツーキニスト・疋田智が、汗と乳酸にまみれて考える。巻末は、SF作家:高千穂遙氏とのスペシャル対談。


 疋田さんの日本史の本の第二弾! 今回は外国はなし^^;
 各16地点の話は日本史好きの人にはたまらなしい視点でしょう。自転車好きにも楽しめます。

 そして僕のもうひとつの収穫は「高千穂遙」というスキンヘッドのSF作家も自転車好きらしいと言う情報がゲットできたこと。
 こういう有名人たちがツーキニストの普及を訴えていただくとありがたいんだよね。

第1章 「乱」の戦跡を自転車で駆け抜けた(埼玉県/秩父地方―秩父に潜むちょっと古くて新しい二つの出来事
長崎県/島原半島・熊本県/天草下島―島原・天草の乱はゴマすり藩主が引き起こした悲劇だった ほか)
第2章 「日本人」の源流を辿る旅(岩手県・宮城県/北上川流域―北上川を自転車で下ると、千年前の日本の縮図が見えた
熊本県/菊池川流域―鞠智城に集まった防人はどんな歌を歌ったか ほか)
第3章 天下を獲り損ねた男たち(茨城県/霞ケ浦周辺―奈良時代のスキャンダル男「道鏡」の素性を暴く
東京都/千代田区周辺―平将門の怨霊に守られた巨大都市 ほか)
第4章 「徳川三〇〇年」の妙を紐解(静岡県/浜松・東京都/上野―徳川家康、浜松約十七年間の忍従の日々
群馬県/高崎~栃木県/足利―上州新田に佇むもう一つの東照宮 ほか)



自転車ライフ本関連人気記事

ロードバイクに乗るときに読む本 エンゾ早川著
ロードバイクセッティングバイブル エンゾ早川著
ゼロから始める自転車生活 主婦の友インフォス情報社
大人のサイクリングビギナーズ 中村 博司著
"自転車のある生活をはじめよう!~ 青山 安彦 著



恥ずかしながらランキングに参加しています。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ & banner

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chatarow.blog90.fc2.com/tb.php/90-600dd1c8

『快適自転車ライフ』 疋田智箸

快適自転車ライフ疋田 智 (2002/10)岩波書店 この商品の詳細を見る 僕が自転車通勤するようになった遠因の、ツーキニスト疋田さんの著書。ほんとはテレビディレクターだというこの人、ご本人も本職が何かわからなくなってき

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。